水に関する知識

知って得する水の基礎知識


からだ(健康・美容)と水
  • 私たちのからだの約60%が水分です。
    赤ちゃんの体は約80%が水分。年を取るにつれて水分は減少し、成人で約60%ですが老人になると約55%。『老化は乾燥のプロセス』といわれるわけです。(水を飲むことは老化を遅らせることにもつながっています)

  • 全水分量の5%がなくなると苦しくなって脱水症状が起こり、10%以上失うと命が危ないといわれています。

  • また、大事な血液の90%までもが水分なのです。

  • 人間は食物なしでも1ヶ月以上生きられますが、水分なしでは1週間も耐え切れません。
     人は、水なしでは生きられないのです。

  • 水は、1日に約2500ccも必要といわれ、そのうち食物で約1000cc摂取するので、残り1500ccは飲み水で補給する必要があります。

  • 肌がくすみ、シワがより、ツヤがなくなるのは皮膚細胞の水分が少なくなるから、若さを保つには水分補給を怠れません。(『みずみずしい肌』は若さの証明なのです)

  • 水分は細胞が十分に活動できる状態をつくり、身体に必要なもの(酸素や栄養など)を必要なところへ運び、身体に良くない汚いもの(老廃物など)を体外へ出し、新陳代謝を活発にして『体調を整える』重要な役割を担っているのです。

  • 信州大学理学部化学科の森教授は、『水は体内をくまなく循環して生命活動そのものを維持する働きをしています。
    成人の場合、1日に腎臓を通過する水はなんと180リットル(お風呂約1杯分)です。
    私たちは毎日全身の水を6回再生して体重の3倍以上もの水を使っているのです。
    水をとらなければ体内に問題が生じてしまいます。』と、発表されています。
↑見出しへ

水の効用
安価で、ローカロリーで、なおかつ手軽でありながらも、万病に効くという説が沢山ありますので紹介致します。

■慶應義塾大学医学部内科 加藤暎一教授(看護短大学長)は、著書『就寝前と起き抜けコップ1杯の水は特に有効』で

  • 脳梗塞、心筋梗塞への効用
    血液は血球や白血球と水分で構成されています。水分が不足すると、どろっとした状態になって、その粘り具合が高まると、血管が詰まりやすくなるのです。
  • 痛風の気がある人なら、血中の尿酸値が高くなるのを防ぎます。
  • 尿路結石ができにくく、小さなものなら流してしまいます。
  • 膀胱炎が起きにくくなります。
  • 腎盂腎炎が起きにくくなります。
  • 腸を刺激し、便秘になりにくくなります。
  • 痰が切れ、風邪、ぜんそくの発作を軽減します。
  • 不眠、肩こり、頭痛にも効用があります。

■京都大学 川畑愛義名教授は、『水飲み健康法』を奨めていらっしゃいますが、下記のような効果があるとおっしゃっています。

  • 水は老化を防止する。
    老化の原因は動脈硬化といわれるが、コレステロールや塩分が血管の壁にたまるからで、老廃物を血管壁へ沈着させないように充分な真水を摂取しなければいけない。(酒を飲む機会や、酒の量の多い人こそ特級酒などといわず『特級水』を飲め)
  • よい水の飲み方は肥満防止にも効果がある。空腹間をいやし、夜食、問題の悪習慣をなくす。
  • よい水の飲み方は禁煙にも効果がある。
    ゆっくり飲むことで禁断症状をいやす。

■鳩山ニュータウン診療所 篠原秀隆所長は、『水治療』を実践されています。

    神経症状、肝硬変(ウィルソン病)、リウマチ、糖尿病、腎臓病、慢性肝炎、気管支ゼンソク、アトピー皮膚炎、腰痛

■シモン・バルーク博士(米国)は、著書『水の効用』で、水には新陳代謝剤、解熱剤、睡眠剤、鎮静剤、利尿剤、発刊剤、希釈剤、強壮剤、下剤としての効用があると発表されています。

■そのほかにも

  • 夜は、お手洗いに行きたくないからといって飲まないよりは飲んだ方がいいのです。
    血液は夜に濃くなるので濃さを薄め、血液の流れをスムーズにします。
  • 水は不要物を追い出し、本当に必要なものを取り込んでくれるのです。
    水はいわば私たちの体全体の不調を治してくれる万能薬です。
↑見出しへ

飲料水の実態
かつて、日本は世界中で一番水がおいしく、安全な国だといわれてきました。
その命の素である水が、今や汚染され、毒性を持ち、健康を破壊し、わたくしたちの生活を脅かしているのです。

■水源の汚染
『浄水場の上流がドブ同然』これは東京薬剤師会が行った、水質検査結果を報告する新聞記事のタイトルです。

首都圏浄水場の上流水質検査では、飲料水の限界をはるかに超える数値が出たところが、何ケ所もあると指摘しております。

例えば、千葉県を流れる坂川と江戸川が合流する地点。ここは都民の1/4の水道水をまかなう金町浄水場の2km上流にあたります。

BODは3ppmが飲料原水の限界というのに対し、22ppm。約7倍もの数値が出たのです。
 *BOD(生物化学的酸素要求量)とは、水中の汚物を無害な程度にまで化学分析する細菌が、そのために必要とする酸素の量をppmで表したもの。

『400万匹のアユが大量死』・『直後にアワの大発生』かつて風光名媚で知られ、滋賀県をはじめ京都や大阪などの近畿地方1300万住民の水道水をまかなう琵琶湖の北湖沿岸一帯で起こった出来事です。

臭い水、かび臭、アカシオ、アオコに次ぐ怪現象の原因はビブリオ菌によるものでした。
これらを浄化して飲み水にするしかないというのは、気持ちのいい話ではありません。

■水源汚染の原因
・空気の汚染−−−空気中のイオウ酸化物やチッソ酸化物などが雨・雪に混入
・工場排水−−−−PCBやカドミウムや水銀やヒ素などが湖沼・河川に混入
・生活排水−−−−下水道の未整備もありチッソやリンなどが湖沼・河川に混入
・その他−−−−−有機塩素系の農薬・化学肥料
・殺虫剤などが湖沼・河川に混入

■水道水ができるまで
・取水−−−−−−河川・湖沼・貯水池の取水塔や取水門などの水の入口を設け取水します
・沈砂池−−−−−小石や砂などの固形物が沈澱し、分離されます
・混和池−−−−−凝集剤を注入し、かくはんします
・フロック形成池−汚濁物質を塊にします
・沈澱池−−−−−細かな固形物も取り除きます
・ろ過−−−−−−沈澱しなかった微粒子、細菌を取り除きます
・化学処理−−−−殺菌や伝染病の流布防止のため『塩素』を投入し、浄水場を後にします

■水道水の配水
・配水池−−−−−化学処理された飲み水が貯水されています
・配水ポンプ−−−各家庭で一定の水圧を得るため加圧します
・配水管−−−−−公道の下を各給水管に向かいます
・給水管−−−−−私道・敷地下を各蛇口に向かいます
・受水槽−−−−−マンション・団地・ビルでは、一旦飲み水を貯め、ポンプで水揚げします
・高架水槽−−−−ポンプで水揚げされた飲み水を貯水します
・蛇口−−−−−−飲み水が届きました

■水道水への不満と原因

  • カルキ(塩素)臭
    原因は、殺菌や伝染病の流布防止のために投入する塩素なのです。
    水源が汚染されており、大量の塩素を使用しなければなりません。
    塩素使用量は年々増加傾向にあり、昭和53年度で1トン当たり10グラム(10ppm)も投入しており10年前の2倍以上となっています。
  • カビ臭
    生活排水にはチッソやリンなどの一種の栄養分が多く含まれており、河川・湖沼は富栄養の状態になっています。
    このために藻類が発生し、水温20度以上で直射日光が当たると、繁殖してカビ臭をだしますが、浄水場ではカビ臭を完全に除去できません。
  • 赤水、濁り、ごみ、さび、水垢
    古い配水管や給水管が原因であったり、配水管や給水管が鉛・鉄・石綿であったりする他マンション・団地・ビルの場合は、受水槽・高架水槽への移動(鳥・虫・その他)・異物の混入や藻類の繁殖があげられます。

■塩素について
戦時中には、毒ガスとして使用され恐れられた『塩素』ですが、現在は、水道原水の殺菌や伝染病の流布防止のために大いに役立っている他、酸化剤・漂白剤・農薬・染料・医薬等の原料となっていますが、

  • 岡山大学の小林純教授は、『塩素は重炭酸イオンを分解し、脳卒中・ガン・心臓病のリスクを高くする』と発表。
  • 米国のJ.M.プライス博士は『冠状動脈・コレステロール・塩素』で、塩素が血管壁の退行性動脈硬化を起こして、心臓病や脳血管障害の決定的な原因をつくっていると主張しています。
    これらの病気は現代においては死亡率一位ですが、1920年以前は知られておらず、大量の脂肪分を摂取するエスキモーや、昔の英国などでさえ心臓病や脳血管障害は存在していません。
  • 最近脂肪の取り過ぎが指摘されますが、それは水がまずくなったことが大きく影響していると思われます。
    浄水場での塩素投入量が増え、薄味の料理は少なくなったのは自然な成り行きです。
    簡単においしくする方法は脂肪分たっぷりの濃い味にすることなのです。
  • 塩素はビタミンを破壊します。
    ビタミンCは水溶性なので水洗いしただけでも、失われますが、塩素が入るとなお破壊力を増します。
  • 米をといだり野菜をさらすのに水道水は不向きで、表面積が大きいほどビタミンCも早く失われるので、サラダ用に切った野菜などは手早く水切りすることです。
  • 京都大学の糸川教授は、
    『最近子供に脚気が増えているといわれているが、その一因に水道水によるビタミンB1の分解があるかもしれない』と発表されています。
  • 塩素は有機物に反応しやすく、髪や肌を酸化させ、乾燥をまねき、ドライスキンや小じわの原因をつくります。髪は表面積が広く弱い上に、キューティクルが壊されて水分調節できなくなります。
  • お風呂でも、さら湯はピリピリとした感触があるのに、人の入ったあとは刺激の少ない湯になります。
    これはさら湯の塩素が肌を酸化させて、使い切られたからです。
  • 発ガン性物質(トリハロメタン)の生成
    水道原水に含まれる有機物と消毒用の塩素が結合し生成される。このようなことからも、飲む時・料理をする時などには取り除いた方が良いようです。

■井戸水は
井戸水は『浦和市幼稚園の事故』で急に不安視され出しました。
これをきっかけに埼玉県では急速に水質調査が行われましたが、実態は何と7割の井戸が飲料水に不適合というものでした。

半数からは汚染のバロメーターとなる大腸菌が検出され、3割からはゴミなどから出る亜硫酸すら含まれていたのです。

化学物質による汚染も、わずかだが見つかったというのだから、少しも安心はできません。

  • 東京都八王子市では市内72ケ所の井戸のうち31ケ所から基準最高値13.6倍も上回った六価クロムが検出されました。(昭和53年6月)事態を重視した八王子市は、汚染区域約2500世帯に井戸水の使用禁止措置をとるとともに、六価クロムを使用している工場の立入検査を徹底することにしました。
  • 農薬の混入−−−化学肥料の混入は貧血症を招きます。
  • 実際に東京の名水といわれてきた泉から、続々と有機塩化物が発見されています。地下水の状態は確実に変わりつつあるのです。
  • 井戸水には法的強制力はありません。
    飲むか、飲まないかは、その人の判断に任されているのです。
    また、水質は刻々と変化するので、『いまは大丈夫』でも2ヶ月後、3ヶ月後も大丈夫かとなると、その保証がありません。
↑見出しへ

安全でおいしい飲料水
■おいしくて健康に良い水とは
  • 健康に害を及ぼす物質を含まない。
  • 適量のミネラル(カルシウムとマグネシウムの総量)の含有健康に良い水とは、カルシウムの含有量が多くナトリウムの量は少ない硬水をいいます。
    硬水は、味の面では飲み口が重く、必ずしもおいしい水とはいえませんが、ミネラルが多いから体にいいんです。
    少な過ぎると気の抜けた味で、多過ぎると苦しみ、渋み、塩味を感じます。
  • 炭酸ガス、酸素が適量解けている。
    沸騰させると空気中に出ていってしまうので湯冷ましの中にはほとんどありません。
  • 臭気度3以下
    普通の人間が異臭味を感じない水準
  • 残留塩素0.4mg/・以下
    消毒のため蛇口までは0.1mg/・以下が義務づけられています。
  • pHが7.2〜7.4と弱アルカリを示す
  • 水温20℃以下、体温より20〜25℃低いのが最もおいしく感じられます
  • 水クラスターの数値(分子)が小さいこと分子の粒が13個の普通の水より、小さい集合体(6〜7個)の水のほうが浸透力が高いのでおいしく感じられ、健康にも良い。

■おいしくて健康に良い水の効用

  • お米の炊き水/水道水で炊いたご飯よりも含水量が多く、ふっくらとしていておいしい。
    炊き上がりまでの時間が短縮する。腐りにくく、いやなにおいのないおいしい炊き上がりになり、おこげも鍋からきれいにはがれる。炊き上がったご飯の70%は水。炊く時の水に工夫をしないで、ササニシキ・コシヒカリ・アキタコマチ米に固執してもおいしいご飯は望めません。たとえ人気の低い標準価格米であっても水分子集団の小さい水で炊けば味は確実に向上します。
  • 野菜のアク抜き/塩・重曹を使わずにアク抜きができ、色が鮮やかに仕上がります。
  • 生け花・盆栽/成長が早く病害虫に強くなります。花が長持ちするようになります。
  • 味噌汁・吸い物/ダシやみそが少量ですみ、おいしくなります。
  • 日本茶/渋みが少なくなり、色が鮮やかに、また香りも高くなります。
  • コーヒー/まろやかで香りが高くなります。とくにアイスコーヒーでは苦みがとれます。
  • 紅茶/色が鮮やかにでて渋みが少なくなり、まろやかになります。
  • ウィスキーの水割り・焼酎のお湯割り/まろやかで口当たりがよくなり、悪酔いを防ぎます。
  • 海苔の栽培の際に、セラミックフィルターを通した水を使い出したら品質が2段階以上も向上した海苔ができ上がった。
  • ハウス栽培においても、水の工夫によって露地栽培に匹敵するものが作れた。実際にはセラミックフィルターに通した水を葉面散布に使うだけなのだが、こうして生産されたキュウリは、水道水をそのまま使って生産されたものよりも色つやがよく、見た目がいかにも新鮮であるばかりでなく日持ちがよく変色しない。
    味とミネラル成分は、昔の露地栽培のものと比べ遜色がなく、キュウリ特有の青臭みが強い。

おいしくて健康に良い水を作るには

  浄活水器 汲置法 煮沸法 氷結法 ミネラル水
健康に害を及ぼす物質の除去
×
適量のミネラル含有
×
×
炭酸ガス、酸素が適量解けている
×
×
臭気度3以下
残留塩素0.4mg/・以下
pHが7.2〜7.4の弱アルカリ
×
×
×
水クラスターの数値が小さい
×
×
×
制作コスト
×
×
手間ひま
×
 1.汲置法 容器に水道水を汲み、フタをせず1日くらい放置する方法
 2.煮沸法 水道水をやかんや鍋で、フタをせず10〜20分沸騰させる方法
 3.氷結法 水道水をゆっくり凍らせて、早く凍った純粋な部分だけを利用する方法
 4.健康に害を及ぼす物質 トリハロメタン等
 5.pHが7.2〜7.4の弱アルカリ まろやかになります
 6.沸かした場合は、トリハロメタンのみ(有機化合物の全体の2割)の対策で、他の有機化合物はかえって濃くなる。
↑見出しへ

Back